So-net無料ブログ作成
検索選択

東大生が選んだ勉強法

東大生の中学時代




【大学受験】高1・2でセンター試験はどれくらいできているべき? [【大学受験】よくある質問]

コピー (3) ~
バナー.JPG

こんにちは!
東大家庭教師友の会スタッフのショウです。

センター試験も終わり、センター試験を1年後あるいは2年後に控えた高2や高1
からの質問で「今の時点でどれくらい点数を取れているべきか」という質問が
多くなっていますので、簡単に説明させていただきます。

答えは「わからない」です。志望校にもよりますし、何よりその人が「十分な勉強の
結果その点数なのか、まだほとんど対策をしていない状態でその点数なのか」が
わからないからです。
一般に、センター試験の点数は、対策をすればするほど点数は上がります。
1年でだいたい英数国であれば30~40点くらい、その他であれば20~30点は
確実に上がります。ですので今の時点の点数で一喜一憂する必要はありません。

必要なのは「目標点数との差をしっかりと認識し、一年ないしは二年の勉強計画を
修正・確認すること」です。具体的には、東大ではセンター試験で8割は取れていないと
足切り(2次試験を受けられない)の恐れがありますし、一橋や京大、東工大などの
難関国立でも8割はないと合格はかなり難しくなります(学部により差はありますが)。
センター試験で足切りスレスレでも2次試験で見事挽回し合格する人もいますが、
やはりセンター試験で良い点数を取れるに越したことはありません。2次試験の
点数と合算されますし、センター利用で私大入試を受けずに私大に合格することも
できるからです。

僕もどちらかと言えばそうだったのですが、センター試験を軽視する人が多いです。
しかし、上記のような理由から、センター試験対策は第一志望合格を勝ち取るために
大切なことですし、センター試験対策を万全にすることで、「どんな入試にも対応
できる基礎力」を身につけられます。

どの科目もマーク式ですが、センター試験で高得点を取ることは、中途半端な
理解・暗記では難しいです。解説を読んでみるとわかりやすいのですが、
センター試験で問われているのはどの大学でも必須となるような基礎重要事項です。
細かいことが問われる印象が強い私大入試でもセンター試験が完璧なら、そんな
細かいことはほとんど気にする必要なく合格することができます。

繰り返しになりますが、「今の自分が何点なのか。自分の志望校に合格するためには
何点取らなくてはいけないのか。」をこの機会に考えて、大まかな計画を立ててみましょう。
高2や高1でセンター試験を解いてみた、ということは大きなリードです。この経験を
活かせるよう、しっかりと目標を立て、計画を練りましょう。


にほんブログ村 受験ブログへ
ブログランキングで上を目指します!!毎日クリックご協力お願いします。

コピー ~ バナー.JPGコピー (2) ~
バナー.JPG


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
相互リンクランキング登録中! 広告掲載主募集中!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。